歯を削るよりは整体が効く

 お口のトラブルがあるときには歯を治すと同時に身体のゆがみを調整する必要があります。
 そして、身体のゆがみを調整するときに有効なのが「整体」です。
 当院の院長は歯科医師であると同時に整体師の資格を持つ、日本でもユニークな存在として知られています。

 院長が施術するのは、和方(お手当)を取り入れた整体です。和方とは、蘭方(西洋医学)、漢方(東洋医学)に並ぶ医療で、4000年以上の歴史と経験をベースにしているところに特徴があります。当院では特に顎位矯正の治療や入れ歯治療に和方を取り入れております。和方でもっとも大事なことは身体を調和させることに他なりません。

「歯科治療」×「整体」
全身のバランスを調整
「歯科治療」×「整体」
頸椎の調整
「歯科治療」×「整体」
足裏を刺激

 和方は調和の医学なので、身体の一部の機能が低下していたり逆に亢進(※)したりする場合には、適度な状態に調整する必要があります。(※)脈拍などが高まること

整体を用いた実際の治療結果
 整体を行うことで、血液循環が確保され、外科的な治療をせずとも骨が再生していきます。

【術前】院整体を用いた実際の治療結果
 このレントゲン写真は2004年3月1日に撮影したものを画像処理してあります。
 赤い色の部分は歯槽骨が溶解して形態が変化した状態になっています。患者さんはこの部分の歯ぐきが痛むという主訴で来院されました。
 当院ではこの症状が身体に由来するゆがみが原因であると診断し、まる一日にわたって身体のバランスを修正するための整体マッサージを中心とした和方療法だけを行いました。

【術後】院整体を用いた実際の治療結果
 このレントゲン写真は2004年5月18日に撮影したものを画像処理しています。同じ患者さんの患部を映したものですが、3月1日以降何も処置をしていないながら赤く示した部分の骨の量が明らかに増大しているのが分かります。2月余の間に歯槽骨が再生し、歯ぐきの痛みもすっかりなくなっていました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております