だるま落とし理論

 身体のゆがみと顎の関係を最も分かりやすくしたのが、当院の「だるま落とし理論」です。
 下の写真を見比べてください。

だるま落とし理論

 見たところ①も②も、向かって右側にずれています。顎(頭)の部分だけを見ると、①は左にずれ、②は右にずれています。これを一つ下の赤い積み木に合わせるとどうなるでしょうか。②は重心が確保される方向に力が働きます。一方、①は逆に重心がずれて崩壊する方向に力が働きます。
 咬合調整もこれと同じで、首から上だけを見て噛み合わせを整えても、そのままでは身体全体のゆがみがなくなるわけではありません。そのため噛み合わせにより違和感を感じるようになったり、悪くすると首の痺れや肩の凝りなどの不定愁訴が現れるようになる可能性が出てくるのです。

 噛み合わせが悪くなった結果、さまざまな症状が現れることはよく知られています。
 たとえば噛み合わせのずれ、顎の偏位、ものが噛めない状態が続くと頸椎・脊椎・腰椎をゆがめることになり、血行不良や代謝不良を招きます。その結果、頭頸部の凝り、頸腕部の痛み、頭部や顔面部の変調をきたすことになります。
 反対にこうした身体の症状が現れるときには噛み合わせにずれが生じて虫歯になりやすくなったり、歯垢もたまりやすくなることから歯周病になったり、あるいは顎の偏位によって顎関節症になったりすることが考えられます。

 当院の考える「歯は身体、身体は歯」という考えは、このような考えに根ざしたものなのです。
 当院では全ての治療を行う前に、噛み合わせの状態を徹底的にチェックいたします。そして一人ひとりの患者さんに合った最適な治療法と、それに伴う選択肢をご提案させていただきます。治療にあたっては患者さんのご了解を得たうえで、正しい噛み合わせのための検査や処置、噛むためのリハビリプログラム共有などを行っております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております