虫歯や歯周病は身体症状の1つなのです

「歯科治療」×「整体」 最近でこそ歯周病は全身に悪い影響を与える(歯周病菌が血液の流れに乗って全身にまわり、生活習慣病などに悪い影響を与える)と言われるようになり、お口の環境と身体全体とは密接に関係しているという考え方が常識になりつつあります。

 しかし現在、世間一般の歯科医院で行われている治療とは、虫歯であれば削って治す、歯周病ならば抗生剤を使って歯周病菌を除去するというように「目に見える悪い部分だけを取り除いて修復する」という考え方に基づくものが大半です。
 これは、たとえば風邪を治すと称して解熱剤で熱を下げる、咳止め薬で咳を止めるという対症療法を行っているのと同じことです。

 確かに解熱剤で熱を下げたり、薬を投与して厄介な咳を止めることで風邪の症状は軽減するでしょう。けれどもそれでは本当に風邪が治ったことにはなりません。
 熱が上がったのには、体内に入ったウイルスを退治するためといった原因が、咳が止まらなくなったのには身体が細菌を外に排出しようとする原因が、それぞれにあったはずです。そうであるなら、その原因を突き止めてそれを排除しない限り、本当に風邪を治したことにはならないのです。しかし、今のところ風邪そのものを退治する薬は存在しません。そのため、風邪をひいた時には養生をして体力をつけ、身体がもつ自然治癒力によって回復するのを待つしかありません。
 つまり、熱や咳などの「見える症状」は薬によって抑えることができるけれども、それだけでは風邪という目には見えない病気の本質を除去することはできないのです。

「歯科治療」×「整体」 虫歯や歯周病などのお口のトラブルのことを考えてみると、その治療と称して歯を削ったり抗生物質で除菌したりといった対症療法を施しても、そうしたお口の病をもたらしている本当の原因を除去することには必ずしもなっていないのです。
 虫歯や歯周病などは「見える症状」に過ぎず、本当は目に見えない身体のトラブルが潜んでおり、それが治らなければ本当の回復は望めないのではないでしょうか。自然治癒力=身体が治ろうとする力があってこそ治るものだと考えられないでしょうか。

 お口のトラブルも、本当に解決するためには何らかの方法で身体のゆがみを調整し、自然治癒力を高める必要があると考えることができます。

 それでは、お口のトラブルを解決するため、自然治癒力を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております