綿噛み体操の手順

綿噛み体操の手順【STEP 1】今現在の早期接触部位を確認します。まず舌を反転させ、その先端で口蓋垂(こうがいすい)に触れようとしながらだんだん顎と口を閉じていったとき、最初に上下の歯が触れたところが早期接触部位です。

【STEP 2】直立した状態で首を左右に向け、腰を左右にひねります。そうしてどちらの方が向きやすいか、どちらに痛みを感じるかをチェックします。

【STEP 3】丸めた脱脂綿を左右順番に奥歯ではさみ、グッと噛みしめます。どちらで噛む方が力が入るか(噛みやすいか)を確認します。噛みやすい方で奥歯の並びの歯を順番に綿噛みしていき、一番噛みやすい歯の部位と綿の厚さを確認します。反対側の歯でも同じようにします。

こうして左右で噛みやすい位置と綿の厚さが決まったら、それらを左右同時にセットして力一杯噛んでみます。この状態でさらに噛みやすい位置と厚さを微調整します。

綿噛み体操の手順【STEP 4】左右2カ所で噛んでいる脱脂綿を、思い切り力を入れて噛んだり力を抜いたりする運動を20回繰り返します。次に左右の耳の下から下顎にかけて両手をあてがい、指先に感じられる筋肉(咬筋)の感触(筋肉が硬くなる早さ、硬さ、大きさ)が左右で同じになるまで噛む運動を続けます。

この運動を続けていると、さっきまでしっかり噛めていたはずなのにだんだん噛みづらくなってきます。これは身体のゆがみがお口に現れているのです。噛みづらくなったときには、再び左右の脱脂綿の位置と厚さを調整し、もう一度20回噛む運動を続けてください。

【STEP 5】脱脂綿を当てた状態で噛まないようにし、数回ジャンプ運動をします。着地するときには膝を伸ばした状態で踵からドスンと脳天に響くように落ちます。

 ここまでの運動をワンセットとして左右の噛み位置が左右対称になるまで行います。こうすることにより早期接触部位が定まり、最終的には脱脂綿の厚さも左右均等になるよう改善されていきます。左右の咬筋の動きも均等になり、その後はこめかみの辺りにある側頭筋の動きも均等になっていきます。

 この段階までくると顎の動きがよりスムーズになり、お顔は始めに比べてバランスの取れた状態となるでしょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております