【1】噛み合わせの状態を確認します

・患者さんの石膏の歯型を作ります
ここで「現状の把握と記録」を行い、調整後にどれくらいの変化が生じたか、実際に確認をしながら進めていきます。
噛み合わせの状態を確認噛み合わせの状態を確認

・歯周ポケットの検査をします
正常値の目安は1~3mm。4mm以上は歯周病の状態とみなします。 
ここで色・腫れ具合を見て健康状態をチェックしたうえで、全身との繋がりを確認していきます。
歯周ポケットの検査

・口腔内撮影、全身撮影を行います
こちらも「現状の把握と記録」が目的です。調整の経緯と共に口腔内及び全身の変化を確認していきます。
口腔内撮影、全身撮影

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております