歯周病治療

 歯周病は進行すると顎の骨が溶けていき、最終的に歯が抜けてしまう恐ろしい生活習慣病です。
 当院ではまず、なぜ歯周病が発症したのかその根本原因を追究したうえで、一人ひとりの特性に合わせた自然治癒へのリハビリプログラムをご紹介いたします。

歯周病とはこんな病気です

歯周病歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットと呼ばれる部分に歯周病菌が入ることによって歯肉が炎症を起こして赤く腫れ、ブラッシングをすると出血します。
 そのまま放置してしまうと歯槽骨が溶けはじめ、最後には歯が抜け落ちてしまいます。さらには毒素をもった歯周病菌が全身をめぐり、他臓器などにも影響を及ぼすと言われています。

特徴
 次の症状がひとつでもある人は歯周病の疑いがありますので、一度ご来院されることをおすすめします。

・朝起きたときに口の中がネバネバする
・ブラッシング時に出血する
・歯肉がむずがゆかったり痛んだりする
・歯肉が赤く腫れている(健康な歯肉はピンク色で引き締まっています)
・硬いものが噛みにくい
・歯が長くなってきたように感じる
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができたりしている

当院の歯周病治療について

 まずは『歯周病』自体が身体症状の1つであるという認識のもと、その症状がどのような理由から起こったものなのかを包括的に捉える目的で、「身体全体のゆがみ」を調べさせていただきます。
 その原因を突き止めたうえで、該当するゆがみを調整しながら『一人ひとりに合った自然治癒力を高めるためのリハビリプログラム』をご提案させていただきます。

 例えば歯石ひとつについても、何故そこに出来たのか「その歯にとって必要な歯石」が存在するケースもあるのです。
 「木を見て森を見ず」の諺にあるように、そこにある「病状」だけを対症療法により解消させるだけでは根本解決にはならず、いずれ再発するリスクは消えません。

 「万病一元、血液循環不良にあり」

 当院では、いわゆる「プラーク・コントロールとしての歯磨き指導やPMTC」以上に「血流促進」治療を重要視します。
これを『溝掃除』に例えてみましょう。
スコップでひとすくいずつ泥を掻き出す作業が一つ一つの歯の治療であるのに対し、「血流促進」は流れに対して放水を行い、淀みを循環させ流し出すようなもので、マクロ的な視点からの全体的・根本的な治療効果を期待することができます。どんなに歯ブラシで頑張ってもひかなかった歯ぐきの腫れが、血液循環を良くすることで治るケースはこのような理由に拠るのです。

歯周病

治療例
【治療前】
治療例
【治療後】


 全ての治療に繋がる概念ですが、あくまで全体を診てから、
原因究明 ⇒ 自然治癒力向上の治療プラン実行 ⇒ 根本治癒
を目指していくところに、当院の治療における特徴があるのです。

「歯科治療」×「整体」へ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております