顎関節症

顎関節症

 顎関節症とは顎関節の周りで何らかの要因により痛みが出たり、口が開かないなどの機能低下が起きることを指します。

 具体的には「口が開かない」「顎に痛みやしびれがでる」「噛むと痛む」といった症状で、悪化すると日常生活にも支障をきたすようになります。
 また顎関節症が原因で肩凝りや頭痛、食欲不振などの全身症状が現れる場合もあります。

あなたのウィークポイントが顎に現れている?

顎関節症 顎関節症の原因についてはまだよく解明されていない部分があり、多くの歯科医院では「原因不明の症状」として扱われています。その結果、まずは顎に原因があるのだろうとマウスピースを作って様子を見ることになりがちです。しかし身体のゆがみや噛み合わせのねじれ等を考慮することなくマウスピースを作っても、症状が改善されなかったり、あるいは顎の症状は改善されても身体のどこかに不具合が生じたりといった反作用が現れることがあるのです。

 当院では顎関節症の症状が出るということを、身体全体のバランスの崩れ、ゆがみから生じる不具合が顎に現れたものと考えます。人によって身体のゆがみや悪い噛み合わせによる障害が現れる場所は異なります。歯がウィークポイントの人ならば虫歯や歯周病となって現れるし、顎がウィークポイントの人の場合は、顎関節症や歯ぎしりなどの症状になって現れるのです。

 当院では徹底した診査・診断によりあなたのウィークポイントを的確に探し出し、その根本的な治療を行っております。
 顎関節症の場合、だるま落とし理論に基づく綿噛み体操を行うことによって身体のゆがみを正し、またマウスピースも正しい噛み合わせになるよう最適な状態に調整したものを装着していただくことにしています。

だるま落とし理論へ

顎関節症の原因

 顎関節は股関節と同様に身体の歪みがもっとも現れやすい部位なのです。股関節に異常がある場合は歩けなくなる、股関節が痛むといった明確な症状があります。しかし顎関節症の場合は必ずしも顎の痛みや口が開かないといった症状がなくても異常があるケースがあるので、より注意が必要です。

歯科治療が原因の場合
 むやみに歯を削ることによるもの、歯列矯正、合わない銀歯(高い、低い、引っかかる)、噛みにくい入れ歯、抜歯など

全身の不調和による場合
 精神的・肉体的なゆがみ(偏食、骨格のずれ、筋の異常緊張、ストレスなど)

 どちらの原因があるにしても、適正なリハビリを行いながら帰納的に治療を進めることにより、正しい治癒への道筋が見えてくるでしょう。

顎関節症の自己チェック

・食べ物を咬んだり、長い間しゃべったりすると顎がだるくなる
・顎を動かすと痛みがある。口を開閉したときにとくに痛む
・耳の前やこめかみ、頬に痛みがある
・大きなあくびやリンゴの丸かじりができない
・ときどき顎がひっかかったような感じがして動かなくなる
・人差し指、中指、薬指の3本を縦に揃えて口に入れられない
・口を開閉したときに耳の前の辺りで音がする
・最近、顎や首、頭などを打ったことがある
・この頃、噛み合わせが変わったと感じる
・頭痛や肩凝りがよく起こる

顎関節症の症例

下顎を上から見た模型
症例

 全体的なゆがみとともに、歯列も若干矯正されています。


患者Mさん(女性・初診時41歳)症例
診断名:顎関節症Ⅲ型(顎関節内障)

【患者さんの声】
 全身調整をした後はすっきりとして、目の前が明るくなりました。身体も軽くなりました。


患者Mさん(女性・初診時27歳)症例
【患者さんの声】
 日常生活において注意することや治療内容に関しての説明を丁寧にしてくださいました。改善するのならと思い、先生の言葉を信じて頑張ろうと決めました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております