矯正歯科

矯正歯科

 当院では噛む機能を重視した身体にやさしい矯正を行っております。

 たとえば八重歯が左側に生えている場合、当院ではまずなぜ右側には生えずに左側に生えたのか、その原因を究明し、身体全体のバランスとゆがみを正していくことからはじめ、可能なかぎり自然な形で機能美にあふれた歯並びを実現していきます。

不正咬合によるデメリット

・審美的なデメリットから劣等感を持ちやすい
・噛み合わせが著しく悪くなり、口腔内が不衛生になる
・咀嚼機能が低下する
・発音に障害が出やすい
・噛むという機能不全から、顎の動きとの不調和が生まれて顎関節への影響がでることがある

不正咬合の種類

叢生(そうせい)不正咬合の種類
 デコボコの歯、乱ぐい歯、八重歯とも呼ばれます。歯の大きさが大きかったり顎の大きさ、とくに横幅が狭いことで歯が生えるスペースが足りなくなるためデコボコになる状態です。

上顎前突不正咬合の種類
 出っ歯とも呼ばれます。前歯の傾きにより目立つ人もいれば、そうでない人もいます。上顎前突には上顎が出ている上顎前突と、下顎が引っ込んでいる下顎後退があります。上顎前突では上顎奥歯の後方移動をして治します。下顎後退では下顎骨の前方成長を誘導します。

反対咬合不正咬合の種類
 受け口とも呼ばれます。下の前歯あるいは下顎全体が前に出ている状態です。下の前歯の傾きにより反対咬合となっている歯槽性反対咬合と下顎自体が大きく前方に成長している骨格性反対咬合があります。

過蓋咬合不正咬合の種類
 歯を噛み合わせたときに上の前歯が下の前歯を覆い隠し、下の前歯がほとんど見えなくなる状態の噛み合わせです。噛み合わせが深いと下顎の動きが制限される可能性が高く、その結果口腔周囲の発育に影響が出ると考えられます。

開咬不正咬合の種類
 普通に噛んでも奥歯の数本しか噛むことができず、前歯が噛み合わない状態の噛み合わせです。舌で前歯を押す癖や指しゃぶり、口呼吸などが原因といわれています。小児矯正では矯正治療をすると同時に、悪習癖の改善を図るよう指導いたします。

空隙歯列不正咬合の種類
 すきっ歯とも呼ばれています。顎と歯の大きさが合っていない場合や、そもそも生えてきている歯が足りないことが原因となります。歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。

交叉咬合不正咬合の種類
 上下顎奥歯の噛み合わせが横にずれた状態で上下顎前歯の中心がずれることがあります。また顔の曲がりが認められることも多くあります。一般的に下顎側方偏位とも呼ばれており下顎に原因があると思われます。

一般的に行われている矯正治療

矯正治療 ブラケットと呼ばれる装置を一つひとつの歯に貼りつけ、ワイヤー(針金)で締めつけることによって歯を動かして矯正します。場合によってはマウスピース型の矯正装置で歯を移動させることもあります。顎が小さいために歯が並びきらずに歯列が乱れている場合には、正常な歯を抜歯して矯正することもあります。

当院で行っている矯正治療

矯正治療 なぜ歯列が乱れることになったのか、まずはその原因を明らかにしていきます。その上で、身体の中心線に合わせて歯が並ぶようにワイヤー・ブラケットを用いて矯正します。
 身体全体の中心に合わせずに歯並びだけの中心を合わせたのでは、歯並びだけはきれいになっても身体全体のバランスが崩れてしまうと考えます。その結果、顎に痛みが出たり、頭痛が出たり、腰痛、生理不順などの反作用が出てくる可能性が高くなります。当院の矯正治療では健康な歯の抜歯などは極力避け、顎のずれを正しながらできるだけ自然な形で美しい歯並びを実現いたします。

お子さんから大人まで矯正いたします

矯正歯科 当院の矯正治療は、見た目の美しさを追求するだけでなく、歯が持つ本来の機能を重視した方法で治療いたします。また顎のずれを診断したうえで矯正に取りかかります。

 できる限り歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)や、主にお子さんのための入れ歯のように取り外しができる矯正装置を使う矯正治療(床矯正)などを取り入れております。
 お子さんから成人の方までお気軽にご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております