口腔内科

口腔内科

 口腔内科は一般的な歯の治療とは異なり、歯だけでなく顎や口、顔面の組織など歯の周辺をふくむ歯科治療です。
 炎症や粘膜の疾患、顎関節の変形や疾患、腫瘍などの症状を非外科処置によって改善します。

主な取り扱い疾患

顎関節症
 口が大きく開けられない、開けづらい、口を開けると顎が痛い、カクカク鳴るといった顎関節症に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。悪い噛み合わせ(不正咬合)が顎関節症の原因となることもあり、結果として顔がゆがんでくることもあります。

炎症
 虫歯や歯周病が原因で首の周りや喉の奥まで強い炎症が広がることがあります。腫れや痛みが酷くなると口が開けられない、飲み込めないといったさまざまな障害が現れることがあります。適切な治療を受けないと呼吸困難となり、生命の危険にさらされることもあります。

顎変形症
 上下の顎の骨の大きさや形の異常で噛み合わせや顔、顎の形に問題がある患者さんに対して治療を行っております。

口腔内科的疾患
 ドライマウス(口が乾く、ネバネバする)や舌痛症(舌がピリピリする、痺れる)などの原因にはさまざまなものがあります。当院では徹底したカウンセリングをもとに、食事療法などを組み合わせ、自然治癒力を高めることで治療を進めております。

 また、当院では不正咬合や顎関節症の治療経験が豊富な院長が診療を行っております。多くの症状は当院独自のリハビリ療法で自然治癒することが可能です。
 まずはお気軽にご相談ください。

顎関節症の治療例(噛み合わせ治療の前後)

症例
 治療後は奥歯、及び前歯の中心がより左右均等な位置に矯正され、全体的な「ゆがみ」も少なくなっています。

症例
 治療後は噛み合わせに関わる歯の高さが、同一のライン上に並ぶようになっています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております