入れ歯安定剤にご注意

入れ歯 歯医者さんに行って入れ歯を入れたのに、何度調整してもうまく噛めないという患者さんが数多く当院を訪れます。お話をうかがってみると、食べ物をうまく噛めないので入れ歯安定剤を使っているという方が少なくありません。
 しかし入れ歯安定剤の使用によっては、顎の骨がどんどん溶けてなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 入れ歯が合わないというのも、やはり身体のゆがみが原因で起きる症状なのです。
 上下の入れ歯が噛み合うときに、噛み合わせが悪い場合には特定の歯の部分が先に当たってしまいます。その結果、入れ歯そのものがお口の中でねじれの力を受け、最終的にねじれきったところでそれなりに落ち着くことになります。この状態で入れ歯安定剤を使うと、ねじれの力に対して逃げていた隙間が埋められてしまうので、さらに強い力が加わることになり、顎の土手が受ける力が増大します。そのために顎の骨はやせ細っていき、どんどん吸収されていってしまうのです。

 入れ歯安定剤を使って安易に入れ歯を固定する前に、噛み合わせの状態を正しくし、上下の入れ歯が噛み合うことでそれぞれの歯に均等な力が加わるように調整した入れ歯を使うようにしたいものです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております