顎関節症

顎関節症

 顎関節症とは顎関節の周りで何らかの要因により痛みが出たり、口が開かないなどの機能低下が起きることを指します。

 具体的には「口が開かない」「顎に痛みやしびれがでる」「噛むと痛む」といった症状で、悪化すると日常生活にも支障をきたすようになります。
 また顎関節症が原因で肩凝りや頭痛、食欲不振などの全身症状が現れる場合もあります。

あなたのウィークポイントが顎に現れている?

顎関節症 顎関節症の原因についてはまだよく解明されていない部分があり、多くの歯科医院では「原因不明の症状」として扱われています。その結果、まずは顎に原因があるのだろうとマウスピースを作って様子を見ることになりがちです。しかし身体のゆがみや噛み合わせのねじれ等を考慮することなくマウスピースを作っても、症状が改善されなかったり、あるいは顎の症状は改善されても身体のどこかに不具合が生じたりといった反作用が現れることがあるのです。

 当院では顎関節症の症状が出るということを、身体全体のバランスの崩れ、ゆがみから生じる不具合が顎に現れたものと考えます。人によって身体のゆがみや悪い噛み合わせによる障害が現れる場所は異なります。歯がウィークポイントの人ならば虫歯や歯周病となって現れるし、顎がウィークポイントの人の場合は、顎関節症や歯ぎしりなどの症状になって現れるのです。

 当院では徹底した診査・診断によりあなたのウィークポイントを的確に探し出し、その根本的な治療を行っております。
 顎関節症の場合、だるま落とし理論に基づく綿噛み体操を行うことによって身体のゆがみを正し、またマウスピースも正しい噛み合わせになるよう最適な状態に調整したものを装着していただくことにしています。

だるま落とし理論へ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております