歯列矯正

歯列矯正 食生活の変化によって硬いものを噛む機会が減っていることから、顎の骨が十分に発達できていないお子さんが増えています。
 顎が小さいと歯がきちんと並ぶことができず、歯並びがガタガタになってしまいます。そのまま放っておくと歯並びや噛み合わせの乱れが原因で身体全体の骨格や筋肉の成長に悪影響をおよぼし、将来、姿勢の悪さや頭痛・肩凝りといった身体のトラブルにつながっていく場合があります。
 矯正治療はできるだけ早期に治療計画を立て、適切な時期に取り組むことによって身体への負担を抑えることが可能になります。

 噛み合わせと顎の関節の働きは、頭や顔、首の骨格や神経と密接な関係にあるので、悪い噛み合わせや顎のバランスの崩れが身体全体に悪影響をおよぼすことが考えられます。歯並びの悪さが歯ぎしりの原因となることもあるので、寝ている間に歯ぎしりをしている場合には歯並びを確認してあげましょう。
 小児矯正をすることで、お子さんがより元気で健康に育ち、人前でも明るく大きな口を開けて笑えるようになることを願っています。

不正咬合の種類について

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております