咬合誘導

咬合誘導 永久歯に生え替わる前より歯列不正を起こすような要因を早い段階に取り除き、良好な永久歯の歯列育成に導いていきます。
 乳歯の時期に見られる歯列の小さなゆがみでも、それを放置することで成長とともに大きなゆがみに発展する可能性があります。
 咬合誘導では乳歯列期と混合歯列期(永久歯への生え替わり時期)に治療を行います。顎や骨格が成長する力を利用して、骨格のずれの改善や、歯がきちんと並ぶスペースを確保するための顎の成長促進を図ります。

歯列不正のデメリット
 歯並びが悪いとブラッシングがきちんとできないため、歯の表面に歯垢(プラーク)が蓄積しやすくなり口内環境の悪化を招きます。また食べ物をしっかり噛むことができないので、胃腸など消化器官への負担も大きくなります。
 また歯並びが悪いために息漏れが生じて発音に支障をきたしたり、見た目を気にすることでコンプレックスを抱くようになる可能性もあります。

咬合誘導治療のメリット
 成人してからでも矯正治療で不正咬合を治すことは可能です。しかし、永久歯の生え替わり前後に咬合誘導治療を行えば、より多くのメリットが得られます。

・身体が成長する力を活用して無理なく治療できる
・顎に歯が並ぶスペースをしっかり確保できる
・将来、矯正歯科治療を行うときに比較的楽に取り組める
・顎関節や歯を守りながら治療ができる


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております