不正咬合の種類

叢生(そうせい)不正咬合の種類
 デコボコの歯、乱ぐい歯、八重歯とも呼ばれます。歯の大きさが大きかったり顎の大きさ、とくに横幅が狭いことで歯が生えるスペースが足りなくなるためデコボコになる状態です。

上顎前突不正咬合の種類
 出っ歯とも呼ばれます。前歯の傾きにより目立つ人もいれば、そうでない人もいます。上顎前突には上顎が出ている上顎前突と、下顎が引っ込んでいる下顎後退があります。上顎前突では上顎奥歯の後方移動をして治します。下顎後退では下顎骨の前方成長を誘導します。

反対咬合不正咬合の種類
 受け口とも呼ばれます。下の前歯あるいは下顎全体が前に出ている状態です。下の前歯の傾きにより反対咬合となっている歯槽性反対咬合と下顎自体が大きく前方に成長している骨格性反対咬合があります。

過蓋咬合不正咬合の種類
 歯を噛み合わせたときに上の前歯が下の前歯を覆い隠し、下の前歯がほとんど見えなくなる状態の噛み合わせです。噛み合わせが深いと下顎の動きが制限される可能性が高く、その結果口腔周囲の発育に影響が出ると考えられます。

開咬不正咬合の種類
 普通に噛んでも奥歯の数本しか噛むことができず、前歯が噛み合わない状態の噛み合わせです。舌で前歯を押す癖や指しゃぶり、口呼吸などが原因といわれています。小児矯正では矯正治療をすると同時に、悪習癖の改善を図るよう指導いたします。

空隙歯列不正咬合の種類
 すきっ歯とも呼ばれています。顎と歯の大きさが合っていない場合や、そもそも生えてきている歯が足りないことが原因となります。歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。

交叉咬合不正咬合の種類
 上下顎奥歯の噛み合わせが横にずれた状態で上下顎前歯の中心がずれることがあります。また顔の曲がりが認められることも多くあります。一般的に下顎側方偏位とも呼ばれており下顎に原因があると思われます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております