顎関節症 Q&A

『顎がガクガク又は、カクンとする』『口の開け閉めがしづらい』

Q&A まず、この症状自体と額関節症とが関連するかどうかについてですが、顎を大きく開けた時に左右で開けにくい方の顎があるか無いかを確認していただくと、通常はまっすぐのまま開いたり閉じたりするのに対し、口を開く際に右が開いてから左が開く(またはその逆)といった具合になり、そのため開けにくい方があったり、顎が左右に揺れるように開いてしまったりの症状はありますでしょうか。
また口角のラインもずれて斜めになっていたりはしないでしょうか。

 その他の症状として、口がうまく開かなくなってしまったり、こめかみやほほ骨を押した時に痛みが生じたりなどの症状はございますでしょうか。

 これらのような場合には額関節症の疑いがございます。
まずは歯科や口腔外科、整体医院などに詳細をご説明いただくことをお勧めします。明確にできるだけ具体的な症状を伝えることで、その後の治療医院選定もスムーズになるかと存じます。

主な原因として考えられるもの
・顎に影響する悪い癖(頬杖や食いしばり、歯ぎしりなど)や姿勢の悪さなど
・噛み合わせの不整合
・精神的なストレスや心理的なもの(自立神経失調症やうつ、不眠症など)
・外傷(ぶつけたりなどの外的行為)
・その他の病気(アレルギーやリウマチなどの免疫系の異常や関節炎など)

 あしたば歯科では、院長が歯科医師であると同時に整体師の資格を持ち合わせていることから、患者さんの症状を歯・身体・心からのトータルな視点でチェックし、その症状の原因を根本からつきとめていきます。
 また、基本的には外科措置や薬に頼らず、身体の持つ自然治癒力を最大限利用しながら
解決に向かわせていく治療法
です。
 今回のように口の開け閉めがしづらい、顎がガクガクするような症状には顎関節の位置異常・形態異常が考えられます。「位置異常」の場合は噛み合わせによるずれや、矯正などでの歪みによるずれが考えられ、一方で「形態異常」の場合は先天的、後天的なものが考えられます。

 是非まずは、あなたの症状をお聞かせください。

歯ぎしりが治らない

 一言で「歯ぎしり」と言っても、以下様々な種類があるのをご存知でしょうか。

●グライディング歯ぎしりの種類
一般的な「歯ぎしり」のことで、ギリギリと音を立てて歯をこすり合わせてしまう癖の総称です。
●タッピング歯ぎしりの種類
小刻みに上下の歯がぶつかり合っているタイプで、日常的に歯をカチカチとさせてしまうことです。
●クレンチング歯ぎしりの種類
一般的な「食いしばり」のことです。
※無意識下で上下の歯を食いしばってしまう癖のことで音は殆どしません。

主な原因として考えられるもの
・性格が負けず嫌いであること
・ストレスをためやすい性分であること
・人に対して攻撃的になりやすいこと
・目的意識が強く、目標に対して一生懸命に取組むタイプであること
・忙しくて気持ちに余裕が無い時
・最近大きく環境の変化があった時

歯ぎしりで起こる悪影響
・歯がすり減る
・詰め物がよく外れる
・歯がしみる
・顎がカクカクとなる
・顎が痛い
・肩こりや頭痛がおこる

 以上のように、歯ぎしりは単なる病症ではなく、それに至る様々な要因が絡んでおり、またそこからさらに顎関節症が引き起こされるなどの二次的な可能性もあるため、一筋縄では解決できない症状であるとも言えます。
 また軽い気持ちで扱い放っておくと、いずれ歯を失うことにもなりかねません。

 対処法としては、日中の間、意識的に歯を噛み合わせないよう「癖」をつけることや、マウスピースを着用して歯ぎしりから歯や歯ぐきに伝わる力を分散させるなどの方法があります。

Q&A あしたば歯科ではすべての症状に「原因」があるとし、そこから現れる症状を「身体が治したがっている」シグナルとして捉え、まず身体のどの部分に「歪み」があるのかを探ることから解決の糸口を探していきます。
 そのシグナルのひとつとして「歯ぎしり」があるのであれば、その「歯ぎしり」の症状を対処療法として治すのではなく、それを引き起こしている「原因」を除去することで全体を治していく、そういったスタンスです。
主な原因として、
・不良な被せ物などお口の中に起因するもの
・身体の中の歪みに起因するもの
・外的なストレスに起因するもの
に大別し、そこから具体的な対策を講じていきます。

 当院が行っている治療の流れについてはこちら

矯正をしたら、噛み合わせが悪化した/首凝り・肩凝り・口の筋肉の違和感が始まった

Q&A このような経験はございますでしょうか。
 歯並びを治して口元を完璧にしたはずが、反って噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩凝り、腰などの痛みや慢性疲労症候群のような体調不良にまで陥ってしまった・・・。
 そのようなケースが残念ながらよくきかれます。
 「治す」つもりで時間と費用をかけて行ったことがあだになってしまうとは思ってもみませんから、さぞかしもどかしくつらいご経験に違いありません。

 もともと矯正治療中は歯を動かしている途中なので、以前より噛みにくくなることはあるとは思いますが、矯正治療をする以前の状態が、実は理想正常咬合だったという可能性もあるのです。
 審美目的と咀嚼機能目的の矯正とは、決してイコールではないのです。
 正しくない噛み方をすることで顎関節症などを引き起こす可能性もありますので、治療を行った医院にしっかり確認してもらう必要があると思います。

 あしたば歯科では、まず身体のバランスを欠くような噛み合わせの調整を是としません。
 また無理に抜歯をしたり、不自然な外科的処置をするような矯正はいたしません。
 「噛み合わせを正しく調整しながら身体と歯のバランスを取っていく」方法で治療いたします。
 身体にとって「不自然」なことをしてしまうと、その不自然なバランスを正そうと身体の他の部分にも新たな歪みが生じてしまうものなのです。
 その摂理をわきまえておくことが肝要なのです。

 歯列はたえず変化しています。それは身体が長い年月をかけながら全体のバランスを取るために歯を少しずつ調整しているようなものです。
 矯正とは短期間でそのシステムを大きく変えてしまうという、ある意味とてもリスクのある行為なのです。この場合矯正をしたことで、全身も口腔もねじられる結果となったことから、歯並びだけは良くなったもののそれ以外での機能喪失が起きてしまった状態だと言えます。

首凝り、肩凝り、倦怠感があり、噛み合わせが悪いせいだと思う

Q&A いわゆる原因不明な「不定愁訴」と呼ばれるもの。
 首や肩の凝りから息苦しさ、不眠や生理痛、耳鳴りなどまで、通常の生活を快適に送ることに対し支障となりかねない様々なトラブルが引き起こされています。
 これらはしばしば「原因不明で起こる」とも言われていますが、この原因不明とは原因が無いということではなく、現代医学という科学では明確に解明されていない、という表現のほうが近いでしょう。

 こちらの患者さんがお察しのように、「噛み合わせが悪い」ことが原因で不定愁訴が引き起こされるという可能性はございます。

 身体と噛み合わせとのバランスは、実はとても絶妙で深い関連性、相関関係があります。

 まずはカウンセリングと審査・診断をするなかで、その悩ましい症状がお口(顎)の問題から発症しているのか、身体の歪みから発生しているものなのかを診断する必要があります。

 あしたば歯科では西洋医学、東洋医学、和方(お手当)とを融合し統合した歯科治療をもって原因にアプローチし、トラブルの根本解決と再発の防止とを目指しております。
 特に重要なのが、この症状が「口腔由来」か?「体幹由来」か?の見極めになるのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております