矯正

 矯正のためといって、せっかく生えた健康な歯をいとも簡単に抜いてしまうことがあります。
 患者さんは審美的な要望が強いため、迷うことも少なくないもののそれに同意します。これはある意味で弱みにつけ込んだ説得なのではないでしょうか。
 患者さんが希望した内容について、きちんとした客観的な説明をしたうえで選択していただくべきではないかと思います。その選択肢の表と裏をしっかりとご理解いただくことが何よりも大切だと思います。

 よく考えてみると、歯並びが悪いのは顎と歯の大きさとの不調和によるものであるにもかかわらず、抜歯することで見た目の調和を図ろうとするのには疑問を抱かざるを得ません。ゆがみの解放にはほど遠い行為にしか思えません。
 歯の大きさに合わせて顎の幅を広げることでさえ、その矯正力は身体にとってはゆがみの解放ではなくゆがみを与えている行為にほかなりません。

 大切なことは、そのゆがみを吸収できる心身を築き上げていくことです。
 まずは「食べる、動く、寝る」の3原則を守り、生体の内部および外部のエネルギーの調和を図ることが不可欠です。

 現代の食生活の中で失われがちな、前歯で噛み切る、奥歯ですり潰す、この2つの顎運動を積極的に取り込んでいくことが肝要です。

 われわれ歯科医師は、まず噛めないという環境を改善する手助けをし、患者さん自身が「噛む」ということを通して主体性をもって顎と歯、ひいては全身との調和を勝ち取っていくべきではないかと痛感しています。
 数々の口腔内矯正装置はあくまでも補助的手段であってほしいと思います。

 とにかく、矯正治療はその必要性に気づいたとき、関心を持ったときからはじめるべきです。早すぎるということは決してありません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております