噛めない子が増えてきた?

 近頃は歯が一本一本きれいに整って生えているお子さんが多くいらっしゃいます。また、統計でも虫歯の本数は減少していることを現しています。
それにもかかわらず、ものを十分に噛めないお子さんが増えてきました。

 おそらくそれは、お子さんの身体全体がゆがむことによって噛み合わせに障害が出ているものと思われます。

お子さんの全身のゆがみの原因
 1)食事のときによく噛まずに丸飲みしている、飲み物と一緒に流し込んでいる
 2)いつも自分の下唇を上顎の前歯で、または上唇を下顎の前歯で噛んでいる
 3)舌を上下の前歯の隙間から覗かせている
 4)口をポカーッと開け、口呼吸をしている
 5)指しゃぶり、物しゃぶりなど、何かを口にくわえていないと落ち着かない
 6)自分の頬の肉を噛んでいる
 7)よだれが多い

 これらの原因をもつお子さんの共通点は、
① 顎の上下の高さが足りない(口腔内の容積が足りない)
② 下顎の位置が本来の位置よりも後退気味である

と言うことができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております