銀歯に潜むワナ

 銀歯を入れるときによく聞かれませんか。
 「カチカチ噛んで下さい。高くないですか?」
 なぜか「低くないですか?」とは聞かれません。

 あまりにも高いときは、はっきりと「高いです。」と言えるものの、何回も繰り返されると、微妙な高さの感覚は、最初の状態が高いがゆえに何だか合っているような気がしてきます。この状態でセメントで合着されるとやはり多少なりとも違和感が残ります。

 治療の終わり際に「2、3日すると慣れますから」。この一言でその気にさせられ、歯科医院の扉を後にします。その日は1日違和感があるものの、翌日、翌々日となれば確かに違和感は薄らいでいきます。いわれた通り2、3日で慣れてくるのです。
 しかしそれは銀歯が低くなってくれたからでしょうか?それとも骨がゆがみながら、歯が捻れながらその位置に合わせてくれたのでしょうか?

 身体の仕組みが、そこに隠されているような気がします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております