矯正をしたら、噛み合わせが悪化した/首凝り・肩凝り・口の筋肉の違和感が始まった

Q&A このような経験はございますでしょうか。
 歯並びを治して口元を完璧にしたはずが、反って噛み合わせが悪くなり、頭痛や肩凝り、腰などの痛みや慢性疲労症候群のような体調不良にまで陥ってしまった・・・。
 そのようなケースが残念ながらよくきかれます。
 「治す」つもりで時間と費用をかけて行ったことがあだになってしまうとは思ってもみませんから、さぞかしもどかしくつらいご経験に違いありません。

 もともと矯正治療中は歯を動かしている途中なので、以前より噛みにくくなることはあるとは思いますが、矯正治療をする以前の状態が、実は理想正常咬合だったという可能性もあるのです。
 審美目的と咀嚼機能目的の矯正とは、決してイコールではないのです。
 正しくない噛み方をすることで顎関節症などを引き起こす可能性もありますので、治療を行った医院にしっかり確認してもらう必要があると思います。

 歯科・かみあわせ矯正・日本橋では、まず身体のバランスを欠くような噛み合わせの調整を是としません。
 また無理に抜歯をしたり、不自然な外科的処置をするような矯正はいたしません。
 「噛み合わせを正しく調整しながら身体と歯のバランスを取っていく」方法で治療いたします。
 身体にとって「不自然」なことをしてしまうと、その不自然なバランスを正そうと身体の他の部分にも新たな歪みが生じてしまうものなのです。
 その摂理をわきまえておくことが肝要なのです。

 歯列はたえず変化しています。それは身体が長い年月をかけながら全体のバランスを取るために歯を少しずつ調整しているようなものです。
 矯正とは短期間でそのシステムを大きく変えてしまうという、ある意味とてもリスクのある行為なのです。この場合矯正をしたことで、全身も口腔もねじられる結果となったことから、歯並びだけは良くなったもののそれ以外での機能喪失が起きてしまった状態だと言えます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております