歯の宮大工としてお身体の調和に取り組みます

院長あいさつ 入れ歯をしている方がものを食べているときに、お口の中で入れ歯が食べ物と一緒に踊っている姿をよく見かけます。歯科医師としては心苦しい時です。
 上下の入れ歯が噛み合わさるときにどこかが先に当たり、入れ歯そのものがお口の中でねじれの力を受けて最終的にねじれきった所でそれなりに落ち着く。

 この状態で入れ歯安定剤を使ったとしても結果は同じです。むしろ顎堤(顎の土手)が受ける不可抗力は入れ歯安定剤によって加速されてしまいます。その結果、顎堤が吸収されていく、つまり顎の骨がなくなっていくことも加速されてしまいます。

 入れ歯同士でさえお口の中で落ち着いていないのに、食べ物がそこに介在して落ち着くとは考えにくいことです。
 上下の入れ歯が噛み合わさることで、それぞれに安定した力が与えられるように入れ歯の上下、前後、左右の接触状態に特別な配慮が必要と考えられます。しっかり噛める入れ歯をつければ、溶けてしまった顎の骨を再生させる可能性もあります。

 当院には無邪気なお子さん、病んでいる人、健康な人、さまざまな方々がいらっしゃいます。これらの患者さんに対してマニュアルを通した一辺倒な見方をするのではなく、先入観を捨て、ただありのままを感じ取ること。治療に当たってはこれを最も大切にしております。
 口を開け閉じしたときに顎が鳴ったり痛みをともなう顎関節症、噛みづらい入れ歯、歯周病、お子さんの歯列不正など、お身体の不調和により起こる数々の症状に関して「全身と調和の取れた顎位(噛み合わせ)の確立」を目標に、最新・最良の医療技術をもってお口の中の環境作りをお手伝いさせていただいております。

 歯というものは一度削ってしまうと、どのようなことをしても二度と元の状態には戻りません。
 でも諦めないでください。限りなくもとの状態に近づけることはできるかもしれません。それを行うことが私達歯科医の大きな責務と考えております。そのためには宮大工のような職人技が不可欠となります。

 宮大工とは神社仏閣の建築や補修をする、特殊技能をもった大工職人です。木材の材質を見極め、寸分の狂いもなく組み合わせて歴史的な建築物を造り上げていきます。
 私が目指す歯科医師もこれと同じで、いたずらに歯を削って取り返しがつかない不調和の状態になってしまう前に、できるだけ歯を削らず、患者さん本人の努力によって調和を得たいと考えております。歯科医師はそのための環境作りのアドバイザーでありたいのです。

 当院独自の食養指導とだるま落とし理論のもと、患者さんの無限なる自然治癒力を引き出し、身体の基盤である体幹部分の立て直しを図ってから、顎位の回復のために必要最小限の咬合調整を行っていきます。

 皆様のお役に立てるよう、歯の宮大工としてこれからも精進して参りたいと思います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております