「歯は身体、身体は歯」をモットーに噛む力の回復を目指します

院長あいさつ

 こんにちは、当院のHPを訪ねていただき、ありがとうございます。
 私は当院院長の田中宏尚と申します。

 歯科医師として患者さんの歯を診ていると、一本一本の歯それぞれが喜怒哀楽を訴えているように思えてきます。
 元気な歯、疲れている歯、苦しんでいる歯、怒っている歯。歯は身体の一部ですが、鏡のように身体全体を映し出しています。そして同時に身体の好不調と同調しています。

 ですから、身体に起こる諸症状は歯を通してお手当てすることができます。たとえば足ツボのプロは、足から湧き出てくる情報を全身と重ね合わせて理解し、足ツボを通して全身をお手当することができます。
 耳ツボ、手のひらのツボ、顔、頭蓋のマッサージも同様です。お口の中も同じなのです。
 歯の使われ具合、歯ぐきと歯石の張りと色つや、上下の歯の合わさり方、顎の形、口蓋垂(こうがいすい)の形。それらすべてに、その人の身体と健康の情報が満載なのです。

 たった一本の虫歯でも、なぜそこに虫歯ができたのか。歯周病であれば、なぜその歯の部分からはじまったのか。そこには深い理由があります。その理由を探り、答えを導き出していかなければ根本的な解決を得ることはできません。
 当院はアナログな治療が主流ですが、患者さんのお身体から溢れだしている生の情報を迅速に汲み取り、整理し、その根本原因に対応していきます。
 アナログではあっても、当院独自のお身体修復プログラム、健康回復プログラム、自然治癒プログラムは日々の研究によって更新され続けています。

 痺れがある、目がショボショボする、だるい、寝付き・目覚めが悪い、頭痛、肩凝り、生理痛、腰痛といった身体の諸症状。
 噛みづらい、顎が鳴る、顎が痛むといったお口の諸症状。
 さらに、最近多くなってきた原因不明の痛みや違和感。
 虫歯ではない、歯周病でもない。レントゲンを撮っても異常はない。
 それなのに調子が悪い。そうした見えない病態が数多く出現しています。もしかするとそれらは身体のゆがみ、ねじれ、ストレス、偏りからきているものかもしれません。

 当院はそうした身体の不調の原因を突き止め、その不調和からの脱出のお手伝いをいたします。
 そのときに一番重要なのは、患者さんご本人の「治りたい、治したい」という強い素直な思いです。その思いが原動力となって、必ず治っていく道を歩みはじめます。
 当院では患者さんにとっての最良のお手当法を計画し、相談し、選択し、実行してまいります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております